こんばんは、久々に土曜日が休日で気持ちが軽い週末の夜です。
この後、起きている事が出来たらサッカーの " 日本代表 vs スイス代表 " を見るかも
しれませんが、恐らく寝てしまう事でしょう。 (今回は無理をして起きているほどの情熱が・・。)

それでは、今晩新たに更新された出資馬の近況です。

キャンディソング 3歳牝 ※栗東・飯田祐史厩舎 (ノルマンディーOC)
2018/6/8 (栗東トレセン)
ヒイラギステーブル淡路本場で順調に調整され、6日(水)に帰厩しました。

「帰厩翌日の7日(木)から調教を開始しました。こちらへ戻してからは相変わらずカリカリしたところを見せているものの、こういう気性の馬なので、仕上がりは早いと思います。3回中京開催(6/30~)での出走を予定していますが、芝1200m戦は7/22(日)の一鞍しか組まれておらず、かなり間隔が空きますし、最終週とあって差し馬有利の馬場状態もこの馬には向きそうにありません。6/30(土)中京・3歳未勝利(ダ1200m・牝)を目標に進めましょう。テンションは高めですが、口向きに関してはだいぶ改善されてきましたね。もう特に気にしなくても良さそうですし、レースではテンのスピードはあるものの、最後まで踏ん張りが利かずにもうひと押し欲しいことから、次は減量騎手を起用したいと思い、2kg減の富田騎手に騎乗を依頼しました」(飯田祐史調教師)

体調や馬体重も戻り、口向きも改善されてきた様で、期待通りのヒイラギS効果が随所に
出ている様子です。 ヒイラギS淡路本場のスタッフの皆様、ありがとうございました!
それにしてもなぜ函館開催への遠征が無くなったのでしょうか?飯田調教師のコメントを
見る限りでは、芝の短距離レースへの出走が本線であったのではないかと思われます。
「最後まで踏ん張りが利かず」の部分は、2戦目の中京ダートで明確に感じる事が出来た
部分かと思いますので、最後に急な登り坂のある中京競馬場は、やはり向かない様な・・・。
口向きが改善されたのであれば、左回りに拘る必要もないでしょうし、腑に落ちない部分が
多い次戦の選択ではありますが、目標のレースが決まった以上は万全の体調で出走し、
今まで以上の結果を期待して応援しようと思います。 (減量騎手がプラスに働きますように!祈)


アルジェンタータ 2歳牡 ※美浦・奥村武厩舎 (グリーンF)
6月8日の検疫で函館競馬場に入厩している。同日、牧場担当者からは「移動する前には2ハロン25秒4、終い12秒9を消化し、その後も問題は無く至って元気にしていました。7日深夜に牧場を出発し、本日無事に函館競馬場の検疫に入りました」との連絡が入っている。順調なら7月15日(日)函館・2歳新馬・芝1800mでのデビューを予定している。

早い時計を出せていますし、その反動もなく予定通り順調に入厩まで進んでいる様です。
先ずはゲート試験、そしてデビュー戦へとこのまま順調に行く事を願っています。
芝・1800mで新馬勝ちなんてなったら、私の妄想は何処まで膨らむ事でしょうね・・・。笑


そう言えば今月、私はまた一つ歳をとる事になりそうです。 多分そうなります ( ̄∇ ̄;)
別に年齢を重ねる事は嫌ではないのですが、自分自身がその年齢に見合った考え方や
社会性を身に付ける事が出来ているかが、とても不安です。 (マズ出来ていません。笑)
この年齢になったらもう少しシッカリとしている予定だったんですがね・・・・残念です。

それでは皆さん、良い週末を!おやすみなさい。


.