こんばんは、先日御紹介した イチローさんけんぴさん が主催するPOGの他に、
新たにもう一つのPOGに参加させて頂く事となりました。 (3つ目です。笑)
詳細は割愛しますが主催はイチローさんで、ルールは現代の日本競馬に対する挑戦!
とも言える難易度の高いものです。 (詳しくは、イチローさんのブログ で御確認を。)


では本日までに更新のあった11頭の出資馬近況です。

ルコンセール 3歳牝 ※美浦・伊藤大士厩舎 (グリーンF)
5月30日、伊藤調教師は「順調に調整できていますので、このまま進めてもらい福島開催の後半か函館開催で出走できればと思っています」とのこと。30日、牧場担当者は「早目の調教を始めたばかりですが動きも良く、食べた飼い葉も徐々に身になってきています。このまま順調なら、あと1ヶ月ほどで入厩できると思います。馬体重は467キロです」とのこと。

馬体重は初出走時程度までは戻りましたが、移動で大きく減ってしまうタイプですので、
出来れば後10~20kgは増やして帰厩して貰いたいところです。
目標の「福島開催の後半か函館開催」まではまだ時間もありますし、ここからの1ヶ月で
馬体重を増やしつつ乗込んだ上で、次戦での一発回答を期待しています。 (要求が多い・・。)


エターナルソウル 3歳牝 ※栗東・藤岡健一厩舎 (グリーンF)
5月26日に帰厩。30日、藤岡調教師は「帰厩後も順調で肩の状態も今のところ問題はなく、本日坂路で4ハロン55秒3、終い14秒0の時計を出しています。まだ動きとしては一息な感じではありますが、前回入厩したときに比べれば体は格段にしっかりしましたし、来週は更に強目を乗りこのままレースまで進めていけると思います。まだ少し時間はかかる見込みですが、阪神最終週くらいに間に合えば」とのこと。
05/30 助手 栗東坂良 1カイ  55.3-40.6-26.9-14.0 一杯に追う
メンターモード(古500万)馬なりに0.7秒先行アタマ遅れ

3回阪神最終週とすれば6月23・24日、月内にデビューが叶えば良いのですが・・。
来週からの強目の追い切で、ある程度の時計が出て来る事を期待しています。
とにかく怪我だけは気を付けてください、何とか無事にデビュー戦へ。祈


アルジェンタータ 2歳牡 ※美浦・奥村武厩舎予定 (グリーンF)
社台ファームで調整中。5月30日、奥村武調教師は「6月8日に函館競馬場へ入厩予定です。入厩してからの調教の進み具合で、函館開催、7月15日の芝1800mを目指したいと思います」とのことで、順調なら7月15日(日)函館・2歳新馬・芝1800mでのデビューを予定している。

デビュー戦の予定に言及がありました!
7月15日の2回函館・5R 2歳新馬(芝・1800m 混)が目標となるようです。
芝の1800mですか、出資馬では未知の領域ですね。笑
仕事の調整が上手くいって土曜日に休みが取れれば3連休の中日ですから、北海道に
応援に行けると良いのですが・・・、アルジェンタータも順調で私の調整も順調にいけば、
函館競馬場でお会いしましょう! (私のスケジュール調整の方が難しいかも・・・。涙)


スターリーパレード 2歳牡 ※栗東・西村真幸厩舎 (グリーンF)
今週6月3日(日)阪神・芝1400mに☆小崎騎手でデビュー予定だ。5月30日、西村調教師は「本日、坂路で併せ馬の追い切りを行いました。4ハロンは56秒台、終い12秒4を計時しており、良い動きでしたしデビューに向けての態勢は整いました。距離の適性についてはまだ蓋を開けてみないと分からない部分はありますが、2歳の新馬戦はスタートから前半はゆったり進んで直線勝負といった傾向があり、そういった流れであればこの馬は自分から動けるタイプだと思いますし好位からの競馬をイメージしています。癖も無く乗りやすいタイプで、スムーズな競馬を期待しています」とのこと。
◆出走予定:6月3日(日)阪神5R・2歳新馬(芝1400m・混合)☆小崎綾也騎手(53キロ)
フルゲート18頭(出走予定全11頭)
栗プール 05月 24日
05/25 助 手 栗CW良         58.1-41.9-12.3 強目に追う
フォートワズワース(新馬)馬なりの内同入
栗プール 05月 25日
05/26 助 手 栗CW良      75.7-59.1-44.4-13.9 馬なり余力
フォートワズワース(新馬)馬なりの内同入
05/27 助 手 栗東坂良 1カイ  55.7-39.4-25.0-12.2 一杯に追う
フォートワズワース(新馬)強目に0.1秒先行クビ遅れ
05/30 助 手 栗東坂良 1カイ  56.3-39.8-25.4-12.4 一杯に追う
フォートワズワース(新馬)馬なりに0.3秒先行同入

確認できる範囲ですが5月6日の初時計以来、坂路で7本追い切って内6本のラスト1Fは
12秒台ですし、調教は質・量共に十分なのではないでしょうか。 (それ以外にCWコースも)
SP坂路
相手関係は、さすがにこの時期の新馬戦に出走してくるだけあり調教時計が出ていて、
仕上がりの早そうなタイプが多く、楽なメンバーとは言えず、本馬のレースでの人気は
4~5番手かそれ以下の可能性もありますが、欲しいのは人気ではなく結果です!笑
狙うは新馬勝ち!ですが、少なくとも掲示板は確保し、次走への期待と優先出走権を
同時に手に入れる事が出来る走りを期待しています。


ロードブルームーン 2歳牡 ※美浦・高柳瑞樹厩舎 (ロードTO)
180525-1603A
2018.05.30
ロードブルームーンは、5月30日(水)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン53.9-39.6-13.4 
8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では直線一杯の相手の外を通って0秒2遅れ。短評は「好馬体目につく」でした。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。
・高柳調教師 「5月30日(水)は半マイル約55秒を記録。体力面は足りており、こちらも促せば併入へ持ち込めたと思います。ただ、もう一つ走りに集中できておらず、右側に居たパートナーに終始頼るような感じ。更に1本試すまではジャッジを保留したいです」
≪調教時計≫
18.05.27 助手  美南W良          57.6 42.9 14.7(6)馬なり余力
         チャーミングボイス(3歳未勝利)馬なりの内同入
18.05.30 助手  美南W良          53.9 39.6 13.4(8)馬なり余力 好馬体目につく
         チャーミングボイス(3歳未勝利)直一杯の外0秒2遅れ

短評は「好馬体目につく」との事ですが、そうでしょうね。( ̄∇ ̄)
募集時からバランスの良い馬体をしていましたが、パワフルで逞しく成長を遂げていて
その上でバランスも崩れていないように見え、嬉しくなりました。
走りに関しては多少の課題がありそうですが、体力面に関して問題はなさそうですので、
ここからドンドン乗込んで頂き、無事デビュー戦に向かって貰えたらと思います。


ロードアクア 2歳牡 ※栗東・浅見秀一厩舎 (ロードTO)
2018.05.30
ロードアクアは、栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。
・浅見調教助手 「5月30日(水)はゲート練習。試験を受けていれば合格だったかも・・・と思えるぐらいのレベルに達しています。まだ入厩して1週間程度。優秀な部類でしょう。牧場で十分に乗り込んで、中身もデキている感じ。ここまでは至って順調です」

2018.05.31
ロードアクアは、5月31日(木)栗東・ダートEコースでゲート試験に挑戦。結果は合格でした。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

本日(5/31)のゲート試験で、無事合格してくれたみたいですね。
ゲートセンスも良さそうですし、「中身もデキている感じ。」との事ですから、このまま在厩で
デビュー戦へと向かう事となるのでしょうか?
それにしても浅見厩舎の方々が、馬の状態を見ながら丁寧に慎重に対応して下さっている
様子が近況から読み取れて、一出資者の立場ですが嬉しいですね。


ロードゼウス 2歳牡 ※栗東・中内田充正厩舎 (ロードTO)
2018.05.30
ロードゼウスは、栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、この調子を維持しながら更に調整を進めます。5月31日(木)に追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

2018.05.31
ロードゼウスは、5月31日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン83.3-67.7-52.6-38.5-11.9 
8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を通って0秒3先着しています。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・中内田調教師 「5月31日(木)はウッドで。良いフォームで走りますね・・・と跨った川田騎手の評価は上々です。無理を強いずに残した記録。このタイムも悪くないでしょう。スイッチが入り易そうな気性だけに、テンションを上げぬように進めたいところ」
≪調教時計≫
18.05       栗プール 25
18.05.31 川 田 栗CW良     83.3 67.7 52.6 38.5 11.9(8)馬なり余力
         オメガ(2歳新馬)馬なりの外0秒3先着

調教の鞍上が川田騎手だったとはいえ、栗東CWを馬ナリでこの時計は凄いですね。
栗東CWの基準タイム(強目 or 一杯、3歳上1600万下~OPクラスの調教タイム)は、
6Fで、83.0-67.1-52.4-38.6-12.4 となっていますから、2歳新馬としては本当に
優秀な時計(特にラスト2F)ですし、今後への期待が大きく膨らみますね! (単純・・。笑)
この段階で川田騎手が調教に乗ってくれた点や、中内田調教師のコメント内容を読んでも、
ある一定以上の期待はされているように感じますし、ダノンプレミアム と比較はしませんし
無謀だと思いますが、少しでもそこに近づいて貰えたらと・・・夢を見ています。


レゴリス 2歳牡 ※栗東・渡辺薫彦厩舎予定 (ノルマンディーOC)
20180531.レゴリス
2018/5/31 (ノルマンディーファーム)  馬体重:497kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。担当者は「この中間に左前脚の爪を痛がる素振りが見られましたので、一旦騎乗を控えてウォーキングマシンでの運動のみにとどめています。挫石や砂のぼりの症状は見られず、まだ蹄鉄を履かせていないので、どうやら爪の薄い部分と地面がぶつかる際にやや気にしているだけのようです。歩様も徐々に改善されてきたので、特に心配いりませんが、もう少しの間は様子見しながら現状メニューで進めるつもりです」と話していました。

駐立写真を見た感じでは、とても好感を受けるのですが、現在頓挫中です・・・。

えー以前に競走馬の育成に関して調べた事があったのですが、その時に少し気になって
蹄鉄はいつ頃着けるものなのかも調べたのですが、遅くとも1歳末~明け2歳頃までには
はかせるものだと理解していました。 (因みに明日から6月になります。)
「人が乗って調教をする頃には、脚や蹄への影響を考え蹄鉄をはかせる必要がある。」と
書かれていましたし、蹄鉄を着ける時の音等を苦手とする馬には、前脚のみを先にはかせ、
春先頃に蹄鉄の打ち替えのタイミング合わせて四肢にはかせるとの記載がありました。
まあノルマンディーFさんでもプロの方々が育成管理をされているのでしょうから、私の様な
ド素人が口を挟む事では無いのでしょうが、調べたら結果の御報告です。 (棒読み)


グラウシュトラール 2歳牡 ※美浦・大竹正博厩舎予定 (ノルマンディーOC)
20180531.グラウ
2018/5/31 (ノルマンディーファーム)  馬体重:458kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間から15-15を織り交ぜて進めています。まだ本数こそ多くないものの、以前にもこのペースで乗られていたこともあって、しっかり対応。ここ最近は走ることに対してだいぶ集中できるようになり、前向きさも出てきました。キャンターの動きも徐々に力強くなり、やや硬めの歩様・立ち気味の繋ぎからも、どちらかというとダートで力を発揮してくれるタイプだと思います」と話していました。

適性はダートにありそうという事ですね、了解いたしました。
怪我も無く病気にも罹らずに優秀ですね、このまま無事に早く北海道を脱出してください。


エンシャントロア 2歳牡 ※美浦・牧光二厩舎予定 (ノルマンディーOC)
20180531.エンシャント
2018/5/31 (ノルマンディーファーム)  馬体重:471kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「右前繋部の皮膚炎は完治したため、この中間より騎乗運動を再開しました。ブランクがあったわりには落着きがありますし、こちらの指示に素直に従ってくれます。身のこなしに柔軟性がある反面、まだ芯がしっかりとしていない印象を受けるため、乗り込みを継続しながら力をつけさせたいと思います」と話していました。

皮膚炎が治った事は何よりですし、ここからは継続して乗り込んで貰えたらと思います。
あと放牧地は危険が一杯で怪我が多発していますので、自分自身でも気を付けてください。


リーピングリーズン 2歳牝 ※美浦・奥村武厩舎予定 (ノルマンディーOC)
20180531.リーピング
2018/5/31 (ノルマンディーファーム)  馬体重:481kg
現在はパドック放牧をおこなっています。担当者は「右前脚の腫れが引いたことから、この中間はウォーキングマシンでの運動を進めていましたが、今度は左後脚に外傷を負ったため、再度パドック放牧のみにとどめて様子見しています。普段から落ち着いてはいるものの、休養中もうるさい素振りは一切見せませんし、余計なエネルギーを使うこともありません。焦らず回復を待ちたいと思いますが、こちらの手を煩わせることのない賢い馬です」と話していました。

右前肢の次は左後肢ですか・・・・・ノルマンディーFは危険な場所なのでしょうか?
何故外傷を負ったのか?どの程度のモノかも教えて頂きたかったなと思います。 以上です。


今回近況の報告があったグリーンFとロードTOの2歳馬 5頭の出資馬は、すこぶる順調です。
この5頭は順調に行けば6月~7月にデビュー戦を迎えそうですし、3歳馬も出走の予定が
組まれて来そうですから、本当に楽しみな週末が続きそうでワクワクしています。
ノルマンディーOCの2歳馬4頭に関しては、怪我と病気に気を付けて、とにかく元気に健康に
過ごして頂ければ、特に申し上げる事は御座いません。


.