昨日、ノルマンディーOCの2歳馬を、1頭追加出資しました。

エンシャントロア (エンシャントアーツの16) 2歳牝 【ノルマンディーOC ・ 1 / 400口】
エンシャントロア.20180430

父:アイルハヴアナザー 母父:Maria's Mon 母:11歳時 の 3番仔 
募集価格:960万円  生産:岡田スタッド  美浦・牧光二厩舎
募集時の測尺 (2017年8月下旬)
体高 : 155.0cm、 胸囲 : 181.0cm、 管囲 : 21.0cm、 馬体重 : 460kg
エンシャントロア 【 意味:古代の伝承(英)。母名より連想 】
※意味や綴り(Ancient Lore)から考えると、エンシェントロアではないか?と思いました。
  まあ母の馬名がエンシャントアーツなので、本馬の命名者に責任はないのですけど。


以前にも書いたのですが、私は現在までにノルマンディーOCで 5頭に出資をしていて
岡田スタッド生産馬が 1頭もいない為、今回はそこに拘って出資しました。
最後まで本馬と、マロンクルール、アーブルルージュ、サマーロコガールの16の4頭で
悩んだのですが、募集動画や調教動画を各馬数回見て直感的に選びました。
少し前の適当検討 では出資候補から外していたのですが、分からないものですね。笑

ただその際にも触れたように、血統的には不安な部分があります。

アイルハヴアナザー産駒で中央の新馬・未勝利戦を勝ち上がった馬は47頭います。
同産駒の出走済み頭数は、153頭ですから勝ち上がり率は30.7%となります。
その中で母父父がサンデーサイレンスである馬は34頭、母父も合わせると36頭です。
上記条件の産駒の出走済み頭数は90頭ですから、勝ち上がり率は40%となります。
という事は、サンデーサイレンス系ではない母馬の産駒は、63頭中11頭の勝ち上がり
となり、勝ち上がり率は17.5%まで低下してしまいます。 (超不安です。)
それでもナカヤマフェスタ産駒の勝ち上がり率、12.3%よりは優秀なんですけど・・・。

馬体的には胸前も測尺通りシッカリとしていますし、トモが多少薄い感じはしましたが、
立ち姿はバランスが良い感じ、動画は前肢が内向気味に見えるのが気になる程度で、
飛節の伸びも良いし、丈夫そうな印象を持ちました。

そんな感じで、溜まっていたポイントを利用して出資を申し込みました。 (半額になった!)
御一緒の皆さん、どうぞ宜しくお願いします。


一応、先月末の近況です。
2018/4/30 (ノルマンディーファーム)  馬体重:468kg
現在は馬場1周と坂路2本のメニューで調整しています。担当者は「この中間から騎乗させて頂いていますが、利口でこちらの指示どおりに動いてくれます。もう少し力強さが欲しいかなという印象はありますが、フットワークの柔らかい馬。乗り込んでいけばグンと変わってくるでしょう」と話していました。先月より馬体重は減少していますが、調教メニューの向上とともに絞れてきたもの。これから本当の意味で必要な筋肉がついてくると思います。


2016年産駒はこれで 8頭、後2頭追加してキリの良い 10頭まで行きます! ( ̄∇ ̄)