今回の投稿の最後にある集計データを記載しております。 (Twitterでも呟きました・・)
折角調べたので載せましたが、調べなければ良かったと思う部分もありますので、
データ確認後の心のケアは、自己責任にてお願い致します。笑

まずはノルマンディーOCの2歳馬の近況更新を、メモとして転記させて頂きます。

レゴリス (ソラコマチの16) 2歳牡 ※栗東・渡辺薫彦厩舎入厩予定
20180430(レゴリス)
2018/4/30 (ノルマンディーファーム) 馬体重:493kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「引き続き週に1~2回は15-15もおこなっていますが、臆病な性格なので、多少のことでも敏感に反応してしまうところが見受けられます。その辺りに気を付けながら少し慎重に進めていますが、もっとドッシリ構えて調教に臨んで欲しいところ。ただ、ここまで乗り込まれて、動きそのものはだんだんと良くなってきました」と話していました。

グラウシュトラール (フォーミーの16) 2歳牡 ※美浦・大竹正博厩舎入厩予定
20180430 (グラウシュトラール)
2018/4/30 (ノルマンディーファーム) 馬体重:434kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。担当者は「右前脚の外傷は傷口が塞がりましたので、この中間よりトレッドミルでダクとキャンターを開始しました。近日中には騎乗調教へと移行する予定です。どちらかというと大人しいタイプの本馬も、休ませていた分うるさいくらいに元気一杯。体調面も良好そうなので、騎乗再開後は順調に15-15までペースを戻していけそうです」と話していました。

リーピングリーズン (ジョウノファミリーの16) 2歳牝 ※美浦・奥村武厩舎入厩予定
20180430 (リーピングリーズン)
2018/4/30 (ノルマンディーファーム) 馬体重:461kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「先月から馬体重が増えましたし、全体的に力も付いてきた印象。ここまで順調に進められています。フットワークからは芝向きといった感じを受けますし、気性的にピリッとしたタイプの牝馬ではないので、全姉ライジングリーズン同様にマイル以上の距離で実力を発揮してくれそうです」と話していました。


レゴリスが最も順調のようですが、他の2頭は以前に怪我がたったので仕方がないと
思いますし、新たに問題が出て来ていないのは安心材料です。
牡馬 2頭は少し憶病な性格の様で、長期間の夜間放牧によるメンタル強化の効果は
余り出ていないのか、特に以前から臆病だと再三指摘されているレゴリスが心配です。
グラウシュトラールに関しては、馬体重がなかなか増えてこない点がもどかしいですが、
怪我が癒えて騎乗調教開始に伴って、食べた物が身になってくれればと思います。
リーピングリーズンはPOG本でもそうでしたが、全姉 ライジングリーズン の名前が
前に出てき過ぎて、この馬自体の評価が見え難くなっています。
それでも1ヶ月で11kg馬体重が増えた点は好感が持てますし、気性も良さそうなので
芝馬で距離が持つようであれば、楽しみが広がりますね。

馬体の写真も更新されていたので一緒に載せましたが、レゴリスは冬毛も少なくなり
見栄えがしますし、体調も良さそうで何よりです。 ( 他2頭は冬毛がまだ・・・。)
まあ北海道は桜が咲き始めた時期のようですので、これからだと思いましょう・・・・・。



Don't see
ノルマンディーOC 3歳馬(2015年産駒)の平成30年4月30日まで
・中央募集馬:43頭 ・勝ち上がり馬:4頭 ・勝ち上がり率:9.3%
・121戦4勝【 4 - 7 - 2 - 10 - 7 - 91(62) 】 ※地方交流戦含む
・勝率:3.3% ・連対率:9.1% ・複勝率:10.7% ・掲示板率:24.8%
・2ケタ着順率:51.2% ・中央競馬登録抹消馬:4頭 
<参考>
・中央競馬のみ:114戦3勝【 3 - 4 - 2 - 10 - 7 - 89(61) 】
・地方交流のみ:6戦1勝【 1 - 3 - 0 - 0 - 0 - 2(1) 】