以前から出資を検討していたハーツクライ産駒牝馬 3頭の中から、グリーンFの
アルジェンタータ(シルヴァーカップの16)に出資いたしました。

アルジェンタータ (シルヴァーカップの16) 2歳牝 【グリーンF ・ 1 / 200口】
父:ハーツクライ 母父:Almutawakel 母:14歳時 の 9番仔 
募集価格:1,600万円  生産:社台ファーム  美浦・奥村武厩舎
募集時の測尺 (2017年8月下旬)
体高 : 157.0cm、 胸囲 : 168.0cm、 管囲 : 19.3cm、 馬体重 : 428kg
アルジェンタータ 【 意味:銀色(伊)。母名より連想 】
アルジェンタータ.1605_0044
以前の ハーツクライ産駒のデータ から管囲の細さや馬体重に関しては、それ程まで
重要視していなかったが、ここに来て乗り込まれながら馬体重が増えたのは好印象。
全姉 シルヴァーグレイス が中央で39戦4勝【 4-5-5-25 】と優秀で、他の兄弟 7頭も
内 5頭が中央で勝ち上がりですから、優秀な母と言えるでしょう。 ( 9番仔は少し不安・・。)
募集時から注立姿勢に迫力はないものの、バランスは良く見えますし、調教動画では
昨年11月19日時点 でも、隣の プランタンヴェール に比べ、しっかりと頭を下げて走る
事が出来ていて、動画後半の一瞬ですが斜め横から見た画を、スロー再生で見ると、
前肢の出も悪くなくシッカリと掻き込めている印象で、後脚の伸びも悪くない気がします。
また今回(3/28)の調教動画では、レコルダーレと併せていますが、馬体重に関しては、
それほど変わらないのですが、本馬の方がかなり薄く映ります。 ( 毛色もあるかも。)
しかし走りは相変わらず好印象ですし、途中で絡んだ際(0.19)も全く怯んだ様子がなく、
逆に突っかかって行く素振りも見えて、頼もしく感じ出資を決定しました。



御一緒の出資者の皆様、よろしくお願い致します。


また特に意識してはいなかったのですが、15年産駒・4頭、16年産駒・7頭に出資を
してきましたが、種牡馬が1頭も被っていませんので16年産まではこの流れを継続して、
ハーツクライ産駒で他に気になる2頭ついては、潔く出資を見送る事としました。

16年産駒への出資はしても後1頭と考えていますが、グリーンFで気になるのは2頭、
ロードTOでも2頭、ノルマンディーOCの3次募集があるとすれば・・・。 悩みますね