本日、ロードTOより会員証とHPへのログインID等が届いた為、1/15 更新の
2016年産駒の出資馬近況を確認する事が出来ました。

ハーフムーンⅡの16 2歳牡 (ロードTO)
2018.01.15
ハーフムーン'16は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1400~2000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~22秒ペース)。12月下旬測定の馬体重は463kg。
・当地スタッフ 「力強いフットワークで駆け上がる姿が実に印象的。フォームに纏まりがあり、如何にも瞬発力を秘めていそうな走りを披露しています。前向きで気持ちの強い部分を見せている点からも、マイルまでの短距離路線で頭角を現すタイプに育ちそうです」

スピニングワイルドキャットの16 2歳牡 (ロードTO)
2018.01.15
スピニングワイルドキャット'16は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1400~2000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~22秒ペース)。12月下旬測定の馬体重は480kg。
・当地スタッフ 「抑え切れないぐらいの行きっぷり。最後まで抜群の手応えを保ったまま坂路コースの頂上へ到達しています。オープンクラスで活躍中の半兄ダノンスマッシュに比べて気持ちが強いのは、父が替わった影響かも知れませんね。順調そのものでしょう」

両出資馬共に順調な様子、調教内容は全く同じですし、現在も募集中の為、
コメントに関しては割引が必要かと思いますが、ポジティブ満載で安心しました。
“ 前向きで気持ちの強い部分 ” や “ 抑え切れないぐらいの行きっぷり ” は、
違った方向で捉える事も出来るのでしょうが・・・今は兎に角 Positive に!笑
育成進度は、ノーザンFで育成中の出資馬や出資検討馬に比べると、多少遅い
印象ではありますが、ノルマンディーOCに比べれば、カナリ早いと思います。
現在入会済の3クラブ共に、本日又は明日には2歳馬の近況が更新されるはず
ですので、その辺りにも注目して確認したいと思います。