先日のノルマンディーOC馬名候補だけでなく、シルクHCの馬名も全て落選しました。
非常に残念ではありますが、各馬が命名者の想いと出資者の期待に応え順調に成長し、
しっかりと勝ち上がり、末永く活躍をして貰いたいと願うばかりです。


さて私の初年度出資馬(15年産駒)、最後の1頭 キャンディソング に関して。

キャンディソング 4歳牝 ※美浦・加藤和宏厩舎 (NOC) 8戦2勝 【 2-0-0-0-2-4 】
< 中央: 6戦0勝 【 0-0-0-0-2-4 】 ・ 地方: 2戦2勝 【 2-0-0-0-0-0 】 >
2019/1/25 (ケイツーステーブル)
ケイツーステーブルで順調に調整され、23日(水)に美浦・加藤和宏厩舎に入厩しました。

「今回このようなお話をいただき、大変感謝しております。1回小倉開催1週目に組まれている2/9(土)500万下・芝1200m・牝馬限定戦での出走を視野に調整を進めていく方針で、早速ですが来週29日(土)の馬運車で小倉競馬場に移動いたします。今日は坂路で15-14-13の追い切りをおこなっており、到着予定日からレース本番まで約10日間ありますので、あと2本はしっかりと追い切るプランです。現地入り後にゲート試験を受けます。なんとか中央での初勝利を挙げ、本馬のスピードを遺憾なく発揮できるよう厩舎スタッフ一同、懸命に取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします」(加藤和宏調教師)

遂にキャンディソングの中央復帰戦の具体的な日程が出ましたね!
2/9(土) 1回小倉 7R 4歳以上500万円以下 (芝・1,200m) の牝馬限定戦。

2月小倉、芝・1,200m と言えば昨年、雪の影響で火曜日に代替開催となったデビュー戦と
同条件で、キャンディソングが在るべき場所に戻ってきた!と感慨深いです。
そのレースではテンションが高く左に張りながらの走りとなりましたが、デビュー戦としては
上々の5着と健闘しました、しかしその後は芝のレースを使われることなくタイムリミット...。

以前にも書きましたが、キャンディソング がデビュー戦で先着された4頭は、その後に全頭が
中央の芝のレースで勝ち上がり、現在も上のクラスで活躍しています。

2018年2月13日(火) 小倉5R ・ 3歳新馬(芝1,200m・混)
1着 エイシンデネブ    8戦 3勝  1,600万下
2着 イエローマリンバ   8戦 4勝  OP
3着 ムーンチャイム    7戦 2勝  1,000万下
4着 クルークヴァール   7戦 1勝  500万下

その他にも 6着の ブライトパス が地方転出後に園田競馬で2連勝を飾り、中央復帰予定ですし、
14着の シーホース は3戦目にダートで勝ち上がりを果たしています。
また7着だった ゲンパチマハロ は中央では勝ち上がれず現在は引退してしまった様なのですが、
地方転出後の盛岡・水沢では芝・ダート問わず5連勝と、素晴らしい成績を残していました。
R20180213

戦った相手が強かったからと言って キャンディソング が中央で同じような成績を残せるとは
限りませんし、何の保証にもならない事は十分に承知していますが、通用する可能性を見出す
材料にはなると思いますし、私は " 芝でなら絶対にやれる!" と信じています。

お帰り!キャンディソング ♪ ここからが本当の闘いだよ! (●o≧д≦)o頑張れェェェ♪


それでは。 

.