さて中山競馬場で リーピングリーズン の悔しい新馬戦を見届けた後、京都競馬場の中継を
応援馬券を握りしめ、祈る思いで見ていました。


レゴリス 3歳牡 ※栗東・渡辺薫彦厩舎 (NOC)
更新日:1/13 在厩先:京都競馬場
馬体重:494kg
★1/13(日)京都・3歳未勝利(ダ1400m・混)福永祐一騎手 結果4着

「スンナリといい位置に付けることができたのですが、トモが甘いせいか追っ付けながらの追走。その分、終いの伸びがひと息でした。現状では短い距離で急がせるよりは千七くらいでユッタリ行かせた方がいいかもしれませんし、平坦コースの方が良さそうです。トモがパンとしてくれば、もっと良くなると思いますよ」(福永祐一騎手)

IMG_1631
※写真は "ミスアグレッシブ" こと、"しらとりさん" 撮影のモノです。ありがとうございます!

ゲート内で少しバタつく感じが見られましたがスタートは上手に出て3番手につけて追走。
直線を向いた後は一旦先頭に立ったように見えましたが、1番の カルロスミノル が強烈な脚で
追い込んできて並ぶ間もなく交わされてしまいました。
勝馬は本当に強い競馬をしていたので仕方が無いと思いますが、一度並んで交わすかに見えた
先行馬2頭にゴール前で抜き返されて離された点が気になりますね。

前走同様に最後が甘くなり、結果は前走と同じ4着ですが、今回の方が良くなかった気がします。
福永騎手もコメントで距離延長の提案をされていますが、私もこの距離では先行争いで脚を使い
最後に余力が残っていない印象でしたので、もう少し楽に先行できるダート1,800m戦や、今後の
京都の馬場状態次第では、思い切って2,000m位の芝のレースでも!などと考えています。

馬体重は増減なしで出走出来ていますし、脚元に問題が無ければ条件変更で続戦希望です!


ロードゼウス 3歳牡 ※栗東・中内田充正厩舎 (LTO)
2019.01.15
ロードゼウスは、1月13日(日)京都5R・3歳未勝利・混合・芝1600mに川田騎手56kgで出走。16頭立て2番人気で3枠5番からハイペースの道中を2、2、2番手と進み、直線では内を通って0秒2差の2着でした。馬場は良。タイム1分35秒7、上がり36秒8。馬体重は4kg増加の462kgでした。
・川田騎手 「スッと前々へ付けられました。デムーロ騎手の馬を内に閉じ込め、ブロックしたまま運ぶのも一案。ただ、瞬発力勝負だと分が悪いので・・・。自分から動いて勝ちに行ったものの、やはり決め手の差が出た印象。どうしてもワンペースなタイプだけに、勝機を得るには条件も探りながら・・・かも知れません」
・猿橋調教助手 「調子はキープ。また、今回もプラス体重で送り出せました。理想的なレースは出来た印象ながら、完全に勝ち馬にマークされていた感じ。最後まで頑張っているのですけどね。中内田先生は海外へ出張中。新たなプランに関しては、帰国後に状態を確認してから・・・でしょう」
≪2019年1月13日 京都5R 3歳未勝利(混) 芝1600m 良 16頭≫
1着アドマイヤレオ   56Mデムー1.35.5    (  3・3・3)36.5 480kg-2kg
2着ロードゼウス    56川 田 1.35.7 1  (  2・2・2)36.8 462kg+4kg
3着スマートユニバンス 56北村友 1.35.7 首  (  12・12・11)36.0 482kg+16kg

IMG_1632
※写真は "冬の中山の女王" こと、"しらとりさん" に御提供頂きました。感謝しております!

また勝てませんでしたね・・・。
コメントにもある通り、アドマイヤレオ の M・デムーロ騎手 に完璧にマークされ、プラン通りに
差し切られた感じですし、積極的に先行した川田騎手の騎乗に問題はなかったと思います。
ただ前走も同様の内容で2着であった点を踏まえれば、ハナを主張して大胆に逃げても良かったかと。
結果はもっと悪い着順になっていた可能性も大いにありますが、ココで着を拾いに行ってもね...。

出走前のコメントなどを読むと、何となく続戦は無い様な気がするのですが、何とかもう1走。
2/3(日) 中京 7R 芝・1,400m か、思い切って2/9(土) 小倉 3R 芝・1,200m の小回りコース且つ
距離短縮で勝ち上がりのみを狙った競馬を!と考えます。
将来を考えると...との意見もあるでしょうが、もう次で5戦目ですし、勝った後にリフレッシュして
今後を考えて貰えれば十分ですし、500万下に上がってからの試行錯誤して貰えれば! ( ̄人 ̄;)


しかしこの週末が未勝利どころか、馬券内もロードゼウス 1頭だけとは・・・。

年明けからPATでの馬券の調子はそこそこ良いのですが、今回の3頭の応援馬券で酷いマイナスが。
4着だった2頭が1つだけ順位を上げてくれていれば、懐の痛みだけは回避できたんですけどね。

そういえば リーピングリーズン が出走し、16年産駒出資馬10頭全てが無事にデビュー出来ました。
これは本当に有難く素晴らしい事ではあるのですが、勝ち上がりが ロードアクア 1頭のみ。 

今週末のグリーンFの 3歳馬 2頭は、この状況を打破する事が出来るのか!?

出来たなら・・・2歳馬に出資します。(ボソッ) では!  

.