飲んで飲んで~ 飲まれて飲んで~ 飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで~ ♪
やがて男は 静かにポチるのでしょう ♫

どーも、「酒は飲んでも飲まれるな!」で御馴染みのSHIMです。

2019年の幕開けを記念し、1頭出資馬を増やしましたので、謹んでご報告致します。


No.66 ラッドルチェンドの17  牝馬  4/20 生
1066
父: ディープインパクト  母父: Danehill Dancer   美浦 ・ 和田正一郎厩舎予定
母:7歳時 の 3番仔 ( ノーザンF生産 ・ ノーザンF空港育成 )
募集価格:5,600万円 ( 500口募集 ・ ¥112,000 / 口 )
馬体重:407kg 体高:154.0cm 胸囲:172.0cm 管囲:19.0cm

シルクHCの2018年度 第1回追加募集馬が発表された時点での私の簡単な寸評としては、
「駐立写真も細く見えるし、動画の歩様も力強さに欠け伸びが小さく硬いような印象。」等と
素人は素人なりに見ていたようなのですが・・・・。 (逆に凄く良い馬かも!)
友人3人との新年会で17時半から飲み始め気付けば日付を跨ぎ、久々にべろんべろんの状態で
帰りのタクシーに乗り込み、寝ない様に募集馬の動画等を見ていたプロの目は違いますね!
その時の調教動画(12/21)でラッドルチェンドの17は、私には輝いて見えた本当に...マジで...。

でも、ひ・・牝系を見ると素晴らしいですし、母馬も若いですし3番仔は走り時だと思いますよ。

シルクHCの募集コメントにも
柔軟性に富んだ良質な筋肉と天与の俊敏性は、極上の速さとキレを生み出し、他馬を瞬時に置き去りにします。また、オンオフが利く聡明な気性はレースで最大限持っている力を発揮してくれるだけでなく、環境の変化にも動じることはありません。日本最高峰の父と歴史的名牝ミエスクの血を引く本馬の使命は世界の頂を目指すことに他なりません。

と書かれていましたし、年末の更新コメントを見ても
2018/12/31 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続き順調で、坂路調教2本を中心に運動を行っております。1本目はハロン18秒、2本目はハロン16~17秒で登坂していますが、年内に3ハロン48~49秒を目標に進めてきましたから、ここまで予定通り進められています。負荷が高まるとともに体の張りも出てきて、肩や腰回りの筋肉にボリュームが増して馬体に幅が出てきました。調教を始めた時からディープインパクト産駒特有のバネのあるキャンターをしていましたが、ペースを上げても変わらず乗り味の良いキャンターをすることが出来ています。馬体重の数字を見ますと小柄な印象はありますが、体重以上に大きく見せていますね。最近では、本馬の長所であるバネと背中の柔軟性に筋力がついてきて、体全体を使った良いキャンターをすることも特徴と言えるようになってきていますよ。気性面や体調面に不安はなく、まだまだ成長が見込める馬体をしていますから、坂路調教を行う日を調整しながら成長を促し今後も進めていきたいと思います」馬体重405㎏

ほら!すごく走りそうな気がしてきませんか!?

御一緒の皆さん、宜しくお願いします(^人^)

きっと大丈夫・・・きっと。 

.