続いては先週末に出走した出資馬達に関してです。

ロードブルームーン 2歳牡 ※美浦・高柳瑞樹厩舎 (LTO)
IMG_1037
 ↑ ↓ 写真は " しらとりさん " 撮影。 ※しらとりさんより掲載許可を頂いております。感謝!
IMG_1036
2018.09.22
ロードブルームーンは、9月22日(土)中山3R・2歳未勝利・混合・芝1800mに三浦騎手54kgで出走。8着でした。
・三浦騎手 「ゲート裏の雰囲気も上々。この馬としては流れに乗れました。勝負に出た分だけキツいに展開になったとは言え、初めて当たり前に走り切った感じ。何度も触れている通り、心身共にまだまだ幼い印象。今日の様子からは距離を詰めるのも一つだと思います」
・高柳調教師 「チークピーシズの効果が得られた感じ。精神面は今までで最も安定していたと思います。スタート後にモタれたとは言え、ハミを取ってそれなりに流れに乗れたのも収穫。後ろから早目に動く形で脚が上がったものの、ようやく普通に走ることができました。今の感じであれば1600mぐらいが丁度良さそう。一旦、小休止を挟むかも知れません」

パドックでの落ち着きは過去2走と比べるまでも無く、少しヨレたスタートもこの馬にしては上出来。
シッカリとレースに参加して最後まで走り切ったのは、3走目にして初めての経験で結果でした。
その上で勝馬から1.3秒差の8着ですから、現状はこの条件で勝ち上がる事は難し様に感じます。
チークピーシズの効果が得られ落ち着いてレースに参加できた事は収穫ですし、心身共に幼いと
三浦騎手もコメントされていますので、ここからの成長を促す為に外厩への放牧や、距離の短縮、
ダート戦など試す時間はまだ十分に残されていますので、今後に期待したいと思います。
とにかく現地で見る事が出来て嬉しかったですし、思い入れも強くなりました!


ロードアクア 2歳牡 ※栗東・浅見秀一厩舎 (LTO)
2018.09.22
ロードアクアは、9月22日(土)阪神9R・ききょうS(OP)・国際・芝1400mに岩田騎手54kgで出走。4着でした。
・岩田騎手 「競馬の形としては悪くなかったと思います。序盤にスッと前々へ行かせた分、終いに甘さを覗かせた感じ。もう少し脚を溜める形で運んでも良いかも知れませんね。1400mの距離は問題なさそう」
・浅見調教助手 「直線を向いて一瞬オッと。勝てるのでは・・・と思いました。ただ、そこからの一伸びを欠く結果に。微妙に距離が長いのかも・・・。残念。レース後の様子と番組を確認した上で、また新たなプランを検討する方針です」

電車で移動中だった為にリアルタイムで見る事は出来ませんでしたが、帰宅してから確認すると
結果は分かっていたにも拘らず、最後の直線に入って前半は勝つんじゃないかと思いました!笑
勝馬の イッツクール は強かったですが、岩田騎手が上手に乗ってくれていましたし満足の4着です。
浅見調教助手は「微妙に距離が長いのかも・・・。」とコメントしていて、確かにそう感じられる部分も
あるのですが、鞍上は「1,400mの距離は問題なさそう。」とのコメントを残していますので、今後の
レース選択等も考えて、距離短縮はもう少し様子を見てからでも良いのではないかと思います。
レース後の体調等に問題が無く続戦であれば、10/21(日) 東京・9R くるみ賞 (芝・1,400m) や、
10/28(日) 京都・6R 2歳500万下 (芝・1,200m)が目標となって来るのではと思っているのですが、
浅見調教師なので " 京王杯2歳ステークス(GⅡ) " 何てこともあるかもしれませんね。 (´∀`)ワクワク


レベルドアリュール 3歳牝 ※栗東・羽月友彦厩舎 (NOC)
2018/9/22 (阪神競馬場) 馬体重:472kg
★9/22(土)阪神・3歳未勝利(ダ1200m)服部寿希騎手 結果8着

「スタートが一息だったこともあり、控える形になりました。向正面は内で砂を被っても問題なかったですし、手応えも良かったです。直線に向いて追い出すと反応良く伸びてくれましたが、あまり長く速い脚は使えないようで、残り100m辺りで止まってしまいました」(服部寿希騎手)

健闘はしたものの残念ながらこのレースで一旦終戦となってしまいました。
今までの4戦の中では最もマトモにレースに参加し、初めて入着する事が出来ました。
第1戦 阪神・ダート 1,800m 勝馬から8.9秒差の15頭立て 15着。(タイムオーバー)
第2戦 阪神・ダート 1,400m 勝馬から4.1秒差の16頭立て 15着。
第3戦 佐賀・ダート 1,400m 勝馬から3.1秒差の12頭立て 9着。 (地方交流戦)
第4戦 阪神・ダート 1,200m 勝馬から1.1秒差の16頭立て 8着。
ここまでの戦績を見ると、本当に少しずつではありますが、この馬ナリに前進していると思えますし
血統的には地方競馬で見てみたいと思うのですが、この成績では引退の可能性が高いと思われ、
サラオクに出されても故障歴もあるため厳しい評価がされそうです。
何とか現役を続ける事が出来たらと思いますが、クラブがどの様に判断するのか不安です・・・。
とにかく心して次の近況更新を待ちたいと思います。 臨時更新が来ませんように! ( ̄人 ̄) 祈


今週末にはグリーンFの3歳馬・エターナルソウル がスーパー未勝利戦に臨みます。
先ずは出走する事が出来るのか?出られたとしても今までの戦績や現在の調教内容を考えると、
相当に厳しい戦いが待っていますし、グリーンFの場合は恐らく敗戦すれば引退又はサラオク行が
決定的だと思いますので、ダートに条件が変わっての大変貌を期待するしかありません!


それでは今宵はこの辺で。 

.