一口馬主庵

2015年産駒より、ノルマンディーOCとグリーンファーム愛馬会で一口デビュー。
2016年産駒からは、ロードサラブレッドO'sとシルクHCでも出資しています。

一口馬主庵 イメージ画像

更新情報

今日からノルマンディーOCの2016年度産駒の先行募集が開始された。 10月17日(火)の13時までに申込みとの事なので、まだ申込みした方は 殆どいないと思いますが、今年9月初旬に入会した私の会員番号は4000番を 超えていた為、結構な会員数になっているハズです。 人気の出

一口馬主を開始した時期が9月からだった事や、今年の2歳馬から 欲しいと思った為、出資ルールや基準などを殆ど考えて来ませんでした。 いろんな方のブログを拝見すると、皆さん自分なりの出資ルールや、 募集馬出資基準をお持ちの様で、勉強になりました。 特に出資ルールに
『出資ルールは必要(10/6)』の画像

グリーンファーム愛馬会 ・ ハートビートワルツの2016 牝 ※ 父 : ハーツクライ       パンフ写真                9月23日撮影 同じ馬・・・に見えますか?私は直ぐには同じ馬だと認識できませんでした。 写真の角度、光の加減、撮られた時期
『同じ馬』の画像

競走馬の血統に関しては、様々な研究や分析・考察されているが、 2015年に発表されたPerformance Genetics LLC の集団遺伝学に関する研究論文、 「サラブレッド繁殖戦略における母系の潜在的役割」は、当時少なからず話題になった。 内容をザックリと書いてしまえば、 「競
『走る馬②(血統?)』の画像

ノルマンディーOCの2016年産駒先行募集が10月6日に開始される事が発表され、 私としては初めて募集馬全頭に募集申し込みが可能な状態の出資検討が始まる。 そこで巷で言うところの相馬眼に関してある話を思い出した。 その前に、そもそも相馬眼とは、“競走、馬術、軍役、

ノルマンディーOCに入会した後、1歳馬の出資も検討していたのですが、 まだここでは始まる様子もないし、少し違った血統の馬にも出資したいと思い、 キャロットCやシルクHCのHPを覗いてみましたが、既に1次募集が終了して満口だらけ! それでも残口のある馬たちを確認してみ
『グリーンファーム愛馬会入会』の画像

ノルマンディーOCのキャンディソング(スイートクラフティーの2015)に出資した後、 2歳馬で後1~2頭、1歳馬で3頭ぐらい出資がしたいと思い探していたのですが、 この頃には大半のクラブで2歳馬の募集は終了していました。 そこでノルマンディーでまだ見ていなかった募集馬
『2015年産ノルマンディーOC出資馬』の画像

組合馬主の契約内容もほぼ決まり、各人の今後の資金繰りや、申請に必要な書類の取寄せ、 申請書類の記入を進めていた2月上旬に大事件と小さなトラブルが、ほぼ時を同じくして 私たちメンバーを襲いました。 まずA君の浮気がバレました。(2回目) しかも今回は奥様の知り合

JRAへ組合馬主申請の決断はそれ程時間がかからず、満場一致で決定しました。 その後数回の打合せ(という名の飲み会)を行い、申請に必要となる組合契約書作成を開始、 出資金割合や意思決定方法、その他組合契約(組合財産の管理・損益の分配等)に関して、 一部を除き2か

長くなりそうなので、3回に分けて投稿します。 一口馬主クラブに関しては、2年ほど前から入会を考えていたのですが、 結局今年になって入会をする事になったのは、あるキッカケがあったからなのです。 競馬は昔から好きだったのですが、2015年春に学生時代の友人(A君)と

↑このページのトップヘ